語学学校SMEAG 体験談6

英語留学に失敗しないためにフィリピン・セブの英語留学学校を徹底比較

【語学学校】SMEAG 体験談6

Philinter

名前 : Kさん

「私は今セブ留学を、6ヵ月間しています。今はちょうど3ヵ月目に入っています。入学時からTOEICコースを選択していて、最終の2カ月はESLコースに変更すつ予定です。ESLコースとは違い、TOEICコースは毎日勉強!!!ESLコースの生徒と比較すると、生徒同士のコミュニケーションが不足がちになります。ですが、それも自分次第です。ルームメイトや、休み時間を有効活用すれば、コミュニケーションはとっていけます。 毎週のテストの結果によって、1週間落ち込んだりもしています。TOEICの勉強は日本でもできるのではないか、という疑問を持つ方も結構いらっしゃると思います。それも一つの方法だと思いますが、私はSMEAGに勉強しに来て正解だと思っています。

まず授業面から、リスニングとリーディングの問題を何度も繰り返し授業で解きます。理解できないところは、理解できるようになるまで先生が根気よく教えてくれます。リスニングは音源をUSBに入れることができるので、自習時間に何度も聞き直すことが可能です。また問題集やテキストも豊富で、様々な問題を解くことができるので、多方面から苦手な部分をカバーできます。私にとって日本語に変換して考えるよりも、英語で教えてもらってそのまま理解したほうが、記憶が定着するような気がしています。また、毎週土曜日には模擬試験が行われます。SMEAGEのキャピタルキャンパスはTOEICの本試験会場に使われており、模擬試験も同じ場所で行われます。毎週本番と同じ場所・環境で試験を受けることができるので、モチベーションも格段と上がりますし、本番で緊張することも少ないと思います。

次に生活面では、勉強に集中できる環境があることが魅力です。3食ご飯がついていることはもちろん、掃除も洗濯も全てスタッフの方がやってくれるので、勉強以外のことに時間を取られることはありません。また、自習室では多くの生徒が熱心に勉強しています。その姿を見ていると、自分ももっと勉強するべきだと触発されて勉強するようになります。正直毎日何時間も勉強するのは辛いですが、同じ目標をもって頑張っている友達が居るから頑張ることができるのだと思います。

ESLと比較するとTOEICコースでは授業内で常に問題を解いているので、英語を話す時間が減ってしまいます。ただTOEICを勉強することによって語彙も増え、英語の構造を理解することができるので、読解力はもちろんのこと会話力にも最終的には繋がってくると感じます。

TOEICコースに変更して2ヵ月が経ちましたが、点数は着実に伸びてきています。本番で自分の実力が出せるか不安ですが少し楽しみでもあります。転職や仕事にTOEICの点数が必要な方、英語環境に身を置いて短期間で勉強したい人にはSMEAGへの留学が絶対にオススメです!」