留学前に知っておきたい!|フィリピン留学なら留学比較.com

留学前に知っておきたいフィリピン基礎知識 フィリピン生活事情

フィリピンの携帯電話事情

フィリピンの携帯電話

 日本でも、最近DMM携帯や、楽天携帯が浸透してきていますが、フィリピンは基本的には同様のシステム。期間契約の必要がありません。プリペイド式の利用額清算なので、使いたい分だけプリペイドを購入して使用します。留学が長期に及ぶ場合、現地で使用できる携帯電話を一つ持っておくと、現地のお友達と連絡を取り合いたいときに重宝します。
 フィリピンでは、お友達同士、電話ではなくテキストを送りあうのが主流。電話とテキスト機能だけの携帯なら600ペソほどで購入できます。
 GROBE SUN SMARTといった通信会社(日本でいうDocomo Au Softbankなど)があり、いずれかの会社のSIMカードを購入して、利用します。
フィリピンで現地携帯を購入する方法は次の2通り。

▼電話とテキストだけで大丈夫という方


現地携帯 <開通に必要なもの>
  ① 携帯電話(600ペソ~)
  ② SIMカード(40ペソ)
  ③ プリペイドカード(200ペソ/月 程度。月500ペソのかけ放題プランもあります。)

<通話料目安>
「SMART」の携帯電話をフィリピン国内の携帯電話に対して利用した場合
  ●音声通話発信     約15円/分
  ●テキスト(SMS)送信  約2円/通

▼スマホでLineやSkypeもよく使う。ついでにパソコンのインターネット接続も快適にしたいという方。


現地携帯 <開通に必要なもの>
  ① 携帯電話(4000ペソ~10000ペソ程度)
  ② SIMカード(40ペソ)
  ③ POCKET WIFI(3000ペソ~5500ペソ)
  ④プリペイドカード(電話・テキストで使う分だけ)
  ⑤ POCKET WIFI使用料金(1000ペソ/月)

<通話料目安>
こちらは月1000ペソで使い放題、携帯機種によっては日本語環境に変更して利用することもできます。LineやSkype以外で通話・テキストをする場合には別途プリペイドカードの購入が必要です。

携帯電話

 携帯電話本体は、代表的なモールに携帯ショップがたくさん入っておりますので、そちらでご購入いただけます。通話・テキストのみの携帯電話は1500円程度からあります。iPhoneだけは、日本よりも高額です。
 日本の通信会社から発売されているSIMフリーの携帯電話をお持ちいただいて、フィリピンでSIMカードのみ購入してもお使いいただけます。お使いの機種によってはSIMフリーでも電波周波数が合わないケースもありますのでご注意ください。
 GROBE SUN SMARTといった通信会社(日本でいうDocomo Au Softbankなど)があり、いずれかの会社のSIMカードを購入して、利用します。

SIMカード

 こちらも本体と同様に携帯ショップで購入できます。どの通信会社も100円程度。通信会社は、「SMART」「GROBE」「SUN」の3社。3G/4G/LTE対応など、通信速度によっても種類があります。「SMART」「GROBE」は、通信エリアの広さに定評があり、「SUN」は、使用エリアが都市部中心に限られますが、通話・通信料が安く、SUN同士での無料通話サービスがあります。まずは、連絡を取りたいお友達にどの通信会社がお勧めか相談してみてください。

プリペイドカード

 購入したSIMカードと同じ通信会社のプリペイドカードを購入します。プリペイドカードでチャージされる金額のことを現地ではロード(Load)と呼ばれています。購入したロード(プリペイドカード)の番号を携帯に入力することで、通話・通信がスタートできます。残高がなくなりましたら、追加でロードを購入します。
 通信会社によってそれぞれですが、月額電話し放題200ペソのプラン、月3GBまでインターネット使い放題で499ペソのプランなど様々なプランを申し込むことが可能です。申し込むと言っても、窓口に出向く必要はなく、利用中の携帯から携帯会社指定の番号に特定のコードをテキスト(SMSで送る)するだけで残高から支払われ即時利用可能となります。
 また、これは私自身の経験なのですが、日本の感覚でインターネットの月額プランを申し込みしたら電話やテキストもその期間は当たり前のように使えるんだろうと思い、500ペソ分のロードのみ購入しインターネットのプラン(3GB/月で499ペソ)を申し込みましたが、電話やテキストが利用できず困った経験があります。別途新たなロードを購入しチャージすることで、インターネットだけでなく電話やテキストも利用できるようになりますのでご注意下さい。(少し多めの金額をチャージされてもいいかもしれません)
 ロード(プリペイドカード)のチャージ方法は、カードに記載されていますが、うまくできない場合は携帯ショップの窓口の方に頼んでみてください。

POCKET WIFI

  フィリピンの通信状況はまだまだ発展途上。繋がりにくいエリアも多いんです。ショッピングモールや都心部はLTEや4G回線が走っていますが、ほとんどのエリアは3G。
 そこで活躍してくれるのがPOCKET WIFIです。購入金額は日本とほとんど変わらず、7000円~15000円程度。私の場合ですが、パソコンでSkypeを頻繁に使うため、LTE対応のHUAWAY100mbp(15000円程度)とSIMカードはSMART LTEを購入しました。稀に通信会社の回線がなくなることもありますが、とても快適に使えています。2500円程度で一か月使い放題になります。
 POCKET WIFIのSIMカードに月々1000ペソ入金するだけで、携帯電話に入金しなくても、WIFIで使えるLineやSkypeも使い放題です。(※ダウンロードを1日800MBすると、24時間制限されて使えなくなります。ちなみにyoutubeはストリーミングにカウントされ、ダウンロードにはカウントされません。)

 また、LTE対応のスマホを購入して、パソコンはディザリングで使うという方法もあります。