留学前に知っておきたい!|フィリピン留学なら留学比較.com

留学前に知っておきたいフィリピン基礎知識 フィリピン留学の持ち物

フィリピン留学の持ち物

マニラやセブ島には各地に大きなモールがあり、基本的な消耗品は現地でもご購入頂けます。ここでは、留学の際に必要な持ち物や生活必需品、持ってきたら便利だと思われるものを、現地の生活をご紹介しながらご案内します。必要だと思われたものは、フライト手荷物許容量の許す限りお持ちください。(お荷物の機内預け入れお荷物・乗り継ぎ重量・個数は航空便によって異なります。各航空会社にお問い合わせください。)  個人的に、フィリピンで買うのが困難で持ってきた方が良かったなぁと思うものは、
  ・耳栓
  ・2~3日分の洗面用具(シャンプー・リンス・ボディソープ)とゴシゴシタオル。
  ・爪楊枝
  ・日本語の参考書
  ・ノート
です。

海外渡航必需品

パスポート フィリピンに入国の際は、滞在日数+6か月以上の有効期限が残ったパスポートが必要です。
航空券又はEチケット 届いたEチケットデータを印刷してお持ちください。帰国の際も必要になります。渡航後も大切に保管してください。フィリピンは、片道航空券では入国できないのでご注意ください。(フィリピンから他国への航空券でも入国可能です。)
海外旅行保険資料 現地での手続き方法など、事前に確認しておきましょう。
緊急時連絡リスト ・いざという時連絡して欲しい連絡先
・カード紛失時の連絡先
・保険会社サポートセンター
・日本大使館連絡先
などを控えておきましょう。【詳しく見る】
各種証明書コピー パスポートのコピーや保険書類のコピー。

●あると便利!

マイレージカード フィリピン航空はANAマイレージと提携、大韓航空は大韓マイレージがあります。
飛行機乗り換えマニュアル 英語が不安な方はとっさの一言リストを持っておくと安心です。

お金に関して

現金 各ご留学先の現地支払分のほかに、目安として3~5万円/月。現金の両替より、現地レートのクレジット換算ほうがお得な場合もあります。ポイントも溜まりますし。
国際銀行カード クレジットカードではなく、海外で現金引き落としのできるカードです。現在「新生銀行」と「楽天銀行」などが発行しています。カード裏面に+PLUSマークのあるものは、海外のATMで使えます。海外引き落とし金額の設定が必要になります。ネットで確認できるWeb明細を発行しておきましょう。【お金の引き落とし方法を調べる】
クレジットカード Visaやマスターカードが使えます。カード裏面に+PLUSマークのあるものは、海外のATMで使えます。

●あると便利!

海外プリペイドマネー クレジットカード会社が発行しているものも。日本でチャージ、海外で引き落としが出来るカードです。短期留学のサブカードに持ってて安心。

留学必需品

パソコン 電化製品のACアダプタ・コンセントの裏面または本体を見て、「INPUT:100-240V~ 50-60Hz」などの表示があれば、変圧器なしで使えます。 その他の機器では、変圧器(英語ではtransformerと言います)が必要です。
フィリピンのコンセントの形状は、ほとんどが日本のものと同一です。 (たまに3つ穴があるものもありますが、2つの穴に日本のものと同じプラグを挿してそのまま使えます。)
なので、コンセントの形状の変換プラグを買う必要はないのですが、ドライヤーなど、220Vに対応していない機器をフィリピンのコンセントにさしてしまうと、「ボンッ!」という音がして壊れてしまったり、特に異常はないかと思いきや、しばらくすると煙が出てきたりするなど、危険です。最初は「なんだ使えるじゃん」と思っていたら、そのうち火を噴きます。本当に危険なので気を付けてください。
対応していない電化製品は、フィリピンで購入、または変圧器をお持ちください。変圧器はフィリピンでも購入できます。【フィリピンの電圧について調べる】
電子辞書
デジカメ
携帯電話
携帯電話充電器
(変圧器)
(コンセント変換プラグ)
学習参考書 フィリピンでは、日本語の英語教材はまず手に入りません。留学期間が長くなるにつれて、必ず日本語での文法参考書に助けられる日が来ます。
辞書 フィリピンのインターネットは3Gエリアが多いんです。レッスン中のローディングは時間がかかります。できれば紙の辞書・電子辞書を持参しましょう。乾電池もお忘れなく!
ノート ノート、ルーズリーフは出来る限り詰めてきましょう。日本と同じクオリティのノートは200ペソ程度。とても高価です。
筆記用具 フィリピンではボールペンと鉛筆はたくさん売っていますが、あまりシャーペンは販売されていません。
学校の書類 入学許可証や渡航案内など
学習参考書 フィリピンでは、日本語の英語教材はまず手に入りません。留学期間が長くなるにつれて、必ず日本語での文法参考書に助けられる日が来ます。
証明写真 sspの申請やvisaの延長で必要になります。【フィリピンで証明写真を撮る場合】

日用品

衣類 ランドリーサービスは週2回程度。洗濯機を利用、有料ランドリーサービスを利用するなど、実施していない学校も多くあります。1週間分は用意しておくと洗濯に困ることはないと思います。
・Tシャツ フィリピンでは基本的に、男性は短パンTシャツ。女性はミニスカート。ラフなスタイルで過ごしています。
・ズボン/スカート
・靴下 スニーカー用の靴下は現地でも購入できますが、ストッキング派の方はお持ちください。現地では素足にサンダルがベーシックです。
・下着 色褪せ、毛玉になっても後悔しないものを。
・長袖シャツやパーカー 室内やモールは冷房が効きすぎています。日焼け止めの為にも。
・水着 セブ島必須アイテムです。
サングラス 年中26℃~28℃くらいの夏の過ごしやすい日という気候ですが、長時間のお出かけ時にはあると便利です。
帽子
道路が整備されていないのでスニーカーがお勧め。ビーチサンダルは現地で300ペソ程度からご購入いただけますが、ゴムの質はあまりよくありません。
サンダル 寮のお部屋は土足です。くつろぎ時間やお風呂上がりに過ごす用のスリッパやサンダルなどの外履きを用意しましょう。
タオル アメニティ類は基本的に寮に付属していません。ご渡航翌日のオリエンテーションで購入できるモールなどを紹介する学校が多いのですが、購入までの数日分は持っていきましょう。シャンプーやボディーソープなどは外資メーカーのものや現地の物が多数ありますが、お気に入りの香りがあれば持ってきた方がいいかもしれません。【現地の化粧品やシャンプー事情】
洗面用具
・シャンプー
・リンス
・ボディソープ
・歯ブラシ
・歯磨き粉
・爪切り 現地でもモールなどで購入可能ですが、見つけるまでに時間がかかります。
・耳かき
ドライヤー ※電圧対応していないものが多いので、現地調達をお勧めします。
コンタクトレンズ・眼鏡 セブ市内のSMモールEOなどで日本製の使い捨てコンタクトレンズもご購入いただけますが、日本よりかなり高いです。留学期間分用意しておきましょう。
コンタクトケア用品 東南アジアの薬局チェーン「watsons」がほとんどのモールに入っています。現地購入可能ですが品質が心配な方はたくさん持ってきましょう。
トイレットペーパー お手洗いに備え付けられていない事もあります。購入するまで困らない程度の量をお持ちください。
ポケットティッシュ 荷物に余裕のある方は箱ティッシュも持ってきましょう。フィリピンの箱ティッシュはとても高価です。箱ティッシュ文化も普及していません。
洗剤 粉タイプの洗剤は種類も豊富に揃っていますが、Nanoxやアリエールのような液体洗剤はありません。代わりに手洗い洗濯用の石鹸型洗剤をよく見かけます。
虫除けスプレー 山に行くときは、必ず必要です。刺されやすい人はたくさん持ってきましょう。フィリピンの蚊はえり好みが激しく、刺される人は本当に刺されますが、刺されない人は真横に居ても刺されません。
アリの巣ころり 意外と蚊よりもアリンコが出ます。寮のお部屋に甘いモノを置きっぱなしにするのはやめましょう。
日焼け止め スプレータイプの日焼け止めや上質な日焼け止めは日本から持ってきましょう。現地でも購入できますが、白くなるタイプの物が多くなっております。
マグカップ/水筒 寮のウォーターサーバで使えます。現地のペットボトルウォーターは10ペソ(26円程度)から購入できます。コンビニで使い捨て紙コップも購入できます。
裁縫道具 ボタン付け、ズボンのゴム紐通し程度の簡単な裁縫道具はあると便利です。

●あると便利!

フォーマル服 フォーマルとまではいかなくても、パーティーやちょっとしたホテルのレストランでは重宝します。男性は襟付きシャツと綺麗目パンツ・女性はミニドレスとそれに似合う靴など、1着持っていると重宝します。
「そんなとこ行かない」って人は必要ありません。
ゴシゴシタオル ナイロンタオル派の方は必須です。セブ島アヤラモールの無印良品で唯一見かけましたが、1200円ほどします。超高級品。
洗濯ネット 100均においている商品は日本の方が質が高く、安いです。ランドリーサービスを使う場合も、洗濯機を使う場合も重宝します。
耳栓 同室の方のイビキが気になる時に。
座布団 教室の椅子は固いことが多いです。1日8時間以上のレッスンを予定されている方、あなたのお尻を守ります。寮のお部屋で自習するときにも。
つまようじ フィリピンの水圧は弱いと言われますが、寮のシャワーなどは、日本人向けに結構良い商品を入れています。水圧の弱さは、実は、フィリピンの水質によるシャワーヘッドのつまりが原因なことが多いんです。歯の掃除用としてよりも、シャワーヘッド掃除に重宝します。こちらは是非お持ちください。

長期留学に備えて

携帯電話 留学が長期に及ぶ方は、日本での携帯を解約して、現地で購入するという方法もあります。【現地携帯の買い方を調べる】
国際キャッシュカード クレジットカードではなく、海外で現金引き落としのできるカードです。現在「新生銀行」と「楽天銀行」などが発行しています。カード裏面に+PLUSマークのあるものは、海外のATMで使えます。海外引き落とし金額の設定が必要になります。ネットで確認できるWeb明細を発行しておきましょう。

※また、長期留学の方はご渡航前に免許の更新をお忘れなく!!