フィリピン、セブ島の電圧とコンセント|フィリピン留学なら留学比較.com

フィリピンについて

フィリピンの電圧事情

 海外というと、変圧器が必要なイメージがありましたが、実は、ここ数年で作られている携帯電話・パソコンに関しては、日本の 電化製品をそのままフィリピンでも使えるものが多いんです。

 フィリピンの場合、
    ●電圧220ボルト
    ●周波数60ヘルツとなっています。
 日本の場合
    ●電圧100ボルト
    ●周波数は東日本50ヘルツ・西日本60ヘルツ

となっていますが、電化製品のACアダプタ・コンセントの裏面または本体を見て、
「INPUT:100-240V~50-60Hz」
などの表示があれば、変圧器なしで使えます。その他の機器では、変圧器が必要です。

コンセントの形状

 フィリピンのコンセントの形状は、ほとんどが日本のものと同一です。(たまに3つ穴があるものもありますが、2つの穴に日本のものと同じプラグを挿してそのまま使えます。)
 なので、コンセントの形状の変換プラグを買う必要はないのですが、そのまま挿せてしまうのはとても危険です!万が一、220Vに対応していない機器をフィリピンのコンセントにさしてしまうと、「ボンッ!」という音がして壊れてしまったり、特に異常はないかと思いきや、しばらくすると煙が出てきたりするなど、危険です。
 最初は「なんだ使えるじゃん」と思っていたら、そのうち火を噴きます。本当に危険なので気を付けてください。
※ドライヤーは対応していないものが多いので、結構危険です。フィリピンで安く購入できるので(600ペソからあります。)、こちらでの購入がお勧めです。
コンセントの形状変換機器 余談ですが、私が現地で購入したドライヤーにはコンセントの形状変換機器が付属しておりました。

コンセントの形状

携帯ゲーム機、PSP(プレイステーションポータブル)の充電器も「INPUT:100-240V~ 50-60Hz」とあるので、そのまま使えます。(ただし、バージョンや出荷時期によって異なる場合がありますので、お持ちのACアダプタの表示をよくご確認ください)

英語学習ソフトで使う方も多いと思いますが、ニンテンドーDSの充電器は日本国内専用です。こちらは海外でも使える充電器を買っておきましょう。(現地で現地向けの充電器も買えますが、どこの国でも使えるもののご購入をお勧めします)

セブの場合、たいていの電器店で変圧器は置いてありますが、巨大ショッピングモールSMの中にある「ACE Hardware」に行くと、種類が豊富です。

変圧器

価格は上限の電力量(ワット数)などによって差がありますが、目安としては1,000ペソ(約2,600円)前後です。

携帯の充電器が対応していない場合は、パソコンのUSBから充電するなど、壊さないようにお気を付けください。