フィリピンへの入国&出国手続き|フィリピン留学なら留学比較.com

フィリピンについて

フィリピンへの入国&出国手続き

手続き

フィリピンに入国する

①飛行機に搭乗する
 日本出発の際に、フィリピン出国の航空券・パスポートの残期間6か月を所持していることが入国条件となります。
※フィリピンは入国の際、出国用のチケットが必要です。日本との往復便、または他国への航空券を手配してください。
※また、入国の際、滞在期間に加え+6か月のパスポート有効期間が必要になります。パスポートの有効期限をご確認ください。
 もしも所持していない場合は、その場で、帰りの航空券を買うまでは、日本出国便には搭乗出来ません。
②飛行機内で
ご搭乗の機内で、入国カード、税関申告書が配布されます。

ご記入例

記入例

③入国審査
 機内で記入した入国カードを提出します。フィリピンの方は親日的で、日本語で話しかけてくれる場合もあります。長蛇の列で待たされることがありますが、ここは日本ではなく外国だという意識を持って臨んでください。イライラしては審査官の心象を悪くすることになります。気を長く、列に並んで待ちましょう。
 また、審査の際、渡航目的を尋ねられることがあります。留学を目的に入国する場合も、観光(Sightseeing)と答えればOK。SSPの取得や、VISAの延長は、入国後に行います。
④荷物受け取り
 乗り換えの際は、乗り換え時に荷物の受け取りが必要な場合と、そのまま目的地まで運んでくれる場合があります。搭乗前に確認しておきましょう。荷物の受け取りは、日本の空港と同じく機内アナウンスと違う場所に出てくることもあります。受け取りの際は掲示板に注意してください。
 また、セブ島の空港の荷物受取場は一つだけです。
⑤税関
 税関申請が必要なものがある場合は、こちらでパスポートと、税関申告書を渡し申請します。
⑥空港出口へ

フィリピンから出国する

①空港入り口
 セキュリティーチェックが有ります。
②チェックインカウンター
 ご搭乗の機内で、入国カード、税関申告書が配布されます。
 出国カードを記入します。
③出国審査
 空港利用税750ペソを支払う。
※ペソは必ず残しておきましょう。日本円では、受け取りを拒否されます。
 利用税の証明書+パスポート+出国カードを提出。
④手荷物検査
 セキュリティーチェックを再度受けます。ボディーチェックも有り。
⑤搭乗口へ

フィリピンに6か月以上滞在した場合には、出国の際ECCが必要となります

6か月以上の語学留学や観光でフィリピンに滞在した場合、ECCの申請が必要になります。こちらは出国時に空港で取れるというものではなく、空港で持っていなければ、日本への飛行機に乗れません!出国拒否されて、戻ってきた人もいます。

申請の際に必要な書類はこちらです↓
・パスポートのコピー(顔写真のページ・フィリピン入国スタンプのページ・VISA延長の記載ページ)
・ACR-Iカードのコピー
・最後に更新したVISA延長レシートのコピー
・2×2の顔写真3枚
イミグレーションセンターで申請後、2日から5日程度で受け取れます。

ご留学の際は学校が代行申請してくれますが、ご帰国前に手元にあるか、ご自身でも今一度書類を確認しましょう。