レストラン ANZAINI |フィリピン留学なら留学比較.com

セブ島の魅力

レストラン紹介

【イタリアン料理】 ANZANI

今回は、半端ない夜景が見えるおしゃれなレストラン「ANZANI」にやってきました。
夜景で有名なトップスや5つ星ホテルマルコポーロに向かう道中に左側に位置します。

ANZANI

入っていきなりびっくりするのですが、メニューがタブレットなんですね。1人1つそのタブレットを渡されてメニューを見るといった感じです。
正直なぜここにお金を掛けてるのかなぞなんですが。。。

ANZANI

ANZANI

ウェルカムドリンクならぬウェルカムパンが出てきます。小麦、トマト、オリーブ味の3つの種類があります。
軽く風味程度なのですが生地はぱりぱりでもっちりしたパンのような感じです。
ビネガー、オリーブオイル、トマトソースをつけて食べる感じです。個人的にはつけないほうが好きでした。

ANZANI

最初はAssorted Cheese(920ペソ)です。
チーズがたっぷりのってて一見おいしそうに見えるのですが、なんとイチジクが入っています。
皆さん騙されないように気をつけて食べてください。

ANZANI

次は、white onion soup(395ペソ)です。
この覆っているものはパイなのですが、それを上から潰して白いスープと一緒に味わうといった感じです。
味は薄いですが、玉ねぎの味が利いていて非常に美味しく食べられます。


ANZANI

次は、Cream of Wild Mushroom Cappucino(395ペソ)です。
美味しかったです。濃厚なクリームときのこが絶妙なバランスで相まって非常に美味しく食べられます。
きのこが入っててスープの割りに非常に食べ応えがあります。

ANZANI

次は、Farm Mission(650ペソ)です。
6種類の生ハムに分かれていて、どこにでもある普通の生ハムです。
1枚の量が大きくて、生ハムなのにおなかいっぱいになってしまいそうです。

ANZANI

次は、Homemade 3 ways salmon(620ペソ)です。
タイトルの通り、3種類のサーモンがお洒落な器にのせられ運ばれてきます。

ANZANI

次は、Spagetti mix seafood parcement paper(425ペソ)です。
紙に包まれて蒸された状態のままスパゲッティが出されるのですが、海鮮、パスタにトマトが染み渡っていて非常においしく食べられます。

ANZANI

次は、Austrarian Tenderloin(1370ペソ)です。
このボリューミーさは写真を見るだけで十分伝わると思うんですがかなり柔らかくてめちゃめちゃおいしかったです。ソース、付け合わせ、焼き加減を自分で選ぶことができるので好みの味をチョイスできるのも嬉しいですね。

ANZANI

次は、Black Ink Fettuccine(425ペソ)です。
イカスミが練り込んであるフィットチーネとビのエキスがしみ込んだ濃厚なソースがベストマッチかと思いきや、そんなにおいしくなかったです。(笑)

ANZANI

次は、Smoked Tomato(395ペソ)です。
日本で食べられるサーモンの数倍おいしく食べることができます。セブでは、トマトがトマトの缶詰のような味をしているのですが、この店はそんなことは無く、しっかり作られている感じがしておいしく食べられます。

ANZANI

次は、Wagyu Gnocchi(395ペソ)です。
ニョッキとはジャガイモが練り込んである団子状のパスタなのですが変な食感で、ほのかに甘くて濃厚なソースと絡み合っており、上品な味です。ワインによく合うかも。。。

ANZANI

次は、Rissotto red wine poreini(585ペソ)です。
量は少ないですが、美味しいです。

ANZANI

最後に、Rissotto mix seafood(595ペソ)です。
器が大きいわりには量は少ないですね。ただおいしいですよ!

このように1品1品の料理はまあまあ高いです。
イタリアンなのですが夜景が見えることもあり、その代償なのかなんなのでしょうか。。。
また、ワインもかなり置いてあり、雰囲気もいいのでセブかなんなのかわからなくなってしまいそうです。
こんなにいい場所は他にないのではないかと思います。デートにはもってこいですね。
ぜひ皆さんいってみてはいかがでしょうか。

 ANZANI


ANZANI
 場所: マルコポーロホテルの近く
 クレジットカード: 使用可能
 価格範囲: 1品500ペソ前後
 営業時間: 11時30分~14時30分、17時30分~24時(木~土曜は25時まで)
 ITparkから10分、タクシーで片道約60ペソ