セブ島留学とは|フィリピン留学なら留学比較.com

セブ島留学とは

フィリピンは日本から4時間で行ける英語圏の国です。物価も安いため、先進国では考えられない料金とフィリピン人のホスピタリティ溢れる質の高いマンツーマンレッスンを受けることが出来ます。

そのため、フィリピンのセブ島には、昨年と比べて3倍以上の日本人が留学しています。留学費用の安さ、レッスンの質の高さ、日本から日本から1番近い英語圏の国という様々なメリットでセブ島留学は急激に有名になっております。

先進国への留学との違い

フィリピン留学では、先進国への留学で主な15名程度のグループレッスンとは違いマンツーマン授業や3~6少人数でのグループレッスンが一般的です。その為、生徒のレベルや目的に併せてレッスンを進めることができ、英語力を効率的に上達することができます。

1時間のうち、先生の話す時間は共に30分あなたの話す時間は?
マンツーマン授業 グループ授業 15名

先進国の留学との料金比較

一般的な欧米留学の、2分の1~3分の1!
  フィリピン留学 アメリカ留学
航空券1年往復 12.0万円 20.2万円
授業料(寮込み) 110.4万円 254.6万円
生活費(お小遣い) 36.0万円 78.0万円
合計 158.4万円 352.8万円

※1年留学の場合(当学校比)

フィリピン英語の訛り(なまり)について

留学比較.comでは、フィリピン人の訛りがどうしても気になるという方に対しては、ネイティブスピーカーの講師がいる学校をご紹介いたします。もしくは、講師のしっかりとした採用基準、トレーニングを行っている学校を厳選してご紹介いたします。

訛り(なまり)のない英語はどんな英語なのか?

フィリピン人の英語に訛りがあるのか?と言われれば、私たちは「あります。」とお答えします。
ただ、訛っていない英語とは一体どんな英語のことでしょうか?

アメリカに住んでいる人達が話す英語は正しいのでしょうか?

訛りがあるのは、格好が悪いという方もいますが、一番大事なのは訛りではなく、「英語を学ぶ目的・ゴールはが何なの?」ということではないでしょうか?

英語習得の目的が、「ネイティブみたいに話したい」ということならネイティブの国で勉強するのが一番いいでしょう。
でも、基本的に多くの方は英語で外国人と話したい!という気持ちで勉強しているのではないでしょうか。

世界から認められる英語圏のフィリピン

フィリピンは数多くの多国籍コールセンターがたくさんあり、世界的にもその高い英語力を認められています。

フィリピンはアメリカ系英語ですが、第二言語として英語を話しているので初心者にはとても聞きやすいと言われています。
なぜなら、その違いを第二外国語として学んだことから、それを理解しいて話してくれているからです。

日本人が話す英語は、通じない発音の英語なので、通じるレベルの発音を習得するにはフィリピンはとてもよいところなのです。 最後になりますが、フィリピン人の訛り(なまり)は、それほど気にすることは無いレベルといえます。 例えば、アメリカのサンフランシスコやロスなどは、フランクで日本人なんかが聞くと格好よく聞こえるようですが、実はとても訛っていると言われています。アメリカでさえ訛りがあります。 そういった点から見ても、どこの国の英語が正しいとかはないのではないでしょうか? 大切な事は通じる英語を話せるかどうかであり、正しい発音が出来るかどうかではありません。